読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く、ゆるーく。

気の向くまま、風の吹くまま。写真を撮ったり、つらつら書いたり。

ANA国内線予約 先行受付のナゾ.

 

 

こんばんは。

今回はANA国内線の予約を先行受付で取ったときの「ナゾ」についてのお話です。

 

 

国内線予約の先行受付について

ANA「プラチナサービス」メンバー以上の特典として、国内線予約の先行受付というものがあります。

(これはSFC会員にはない特典です。)

 

 

この先行受付は、一般の方が2か月前からの予約預かりになるのに対して、2か月と14日前から受付が可能です。

 

 

f:id:pentahiko:20161219212308p:plain

※一般会員の場合でも、2か月+14日前に予約を取る方法はありますが、その場合の受付開始時間は9時30分であるのに対し、先行受付(専用デスクのみ)は朝6時30分から可能です。また、この先行受付を使うと、ダミーの予約を落としたりする必要はありません。

 

 

今回は来年2/17のプレミアム旅割28の予約を取るべく、プラチナサービスに電話をして、はじめて先行受付をお願いしてみました。

 

 

無事予約が取れた

f:id:pentahiko:20161219212309p:plain

 

 

はい、そういうことで無事2/17の予約が取れました。

予約の確定は2か月前からWeb画面にて確認ができます。

(メールも何も来ませんでしたが。笑)

 

 

f:id:pentahiko:20161219220626p:plain

 

 

何が「ナゾ」なのか

タイトルに「ナゾ」と付けた理由には、予約に対するお支払い期限の日付にあります。

この画像を見ただけでは何の変哲も無いのですが、実はデスクに電話をした後の画像です。

(スクショ撮っておけばよかったと、今更ながら思います・・・。)

 

 

デスクに電話をする前のお支払い期限日は「搭乗日当日」まで。

つまりこの場合は、2/17まででした。

 

 

ANAの旅割系運賃におけるお支払い期限には、そのほとんどが「予約日を含め2日以内」というルールがあります。

プレミアム旅割28の場合も、本来ならば2日以内に決済しなければならないはずなのですが、当初の画面表示には、お支払い期限が搭乗日当日までとなっており、「???」な状態でした。

 

 

プラチナデスクに電話をしてみると、やはり支払い期限が間違っているとのことでした。

期限を変更したので、明日までに支払いをお願いしますとのこと。

予約はきちんと取れていたものの、予約番号も無く、何かしらの不具合らしいとのことでした。

 

 

デスクに電話をする前に座席指定も済ませていたのですが、何故かそれも含めてリセットされる羽目に。笑

これが今回限りの話なのか、はたまた先行受付をした場合はすべてこうなるのか、もし次に先行受付を利用する機会があれば、確認してみようと思います。

 

© 2012–2016 - 広く浅く、ゆるーく。