広く浅く、ゆるーく。

気の向くまま、風の吹くまま。写真を撮ったり、つらつら書いたり。

土日で行く、弾丸香港旅行の旅③.

 

 

こんにちは。

弾丸香港旅行の記事の3つ目をお送りします。

 

 

前編はこちらから。

 

 

機内で撮った写真はたったの3枚

深夜便ということもあり、さすがに皆さん爆睡されていました。笑

今回は非常口座席も無事指定でき、足元広々で楽ちんでしたね。

 

そしてお隣にいらしたのは、おそらく修行僧の方。

シンガポールで作れる例のANAタグがカバンに付いていたので。

あとはフライトログもお願いしていました。

うーん、実際に修行僧だと分かる方にお会いしたのは初めてでしたね。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093922j:plain

 

 

f:id:pentahiko:20161230093924j:plain

 

 

そして早朝にも関わらず、機内食が出てきます。

もちろん食べないという選択肢もありますが、貧乏性の私はつい食べてしまいますね・・・。

それにしても、おつまみがセットで出てくるのは何故なんでしょう(笑)

早朝3時過ぎからアルコールを飲む勇気はありません(;´Д`)

 

 

f:id:pentahiko:20161230093923j:plain

 

 

結局機内で撮った写真はこの3枚のみ。

深夜便は寝るに限ります。

 

 

香港国際空港に着いた

f:id:pentahiko:20161230093926j:plain

 

 

半年ぶりくらいに、香港国際空港にやってきました。

5時ちょっと過ぎくらいに到着です。

 

 

香港に来てひとこと。

 

 

まあ何が「中国のにおい」なのかは、自分でもよく分からないのですが(笑)、かなり独特なにおいがすることは間違いないです。

ああ、中国に来たんだな・・・と実感する瞬間です。

 

 

朝からクリスマスに向けた準備をしていました。

お疲れさまです・・・。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093925j:plain

 

 

ここで本来ならまっすぐイミグレーションを目指すわけですが、今回はe道の手続きをやってみようということで、しばらく制限エリアでウロウロします。

 

 

とりあえず両替をと思い、トラベレックスに行ってみましたが、この店はもう閉まるから、よそに行ってくれと言われる始末。笑

朝5時から店を閉めるってどういうことよ・・・と思いつつも、諦めて退散します。

 

 

SIMカードを買ってみた

現金が無いことにはどうにもなりませんが、そういえばセブンならカードが使えるよな、と。

一応セブンのにーちゃんにカードが使えるか確認して、SIMカードを買ってみました。

今回買ったのはこちら。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093927j:plain

 

 

まあ24時間もいないですし、これで十分かと。

説明書に色々書いてありましたが、SIMを挿れて指定の番号に電話を掛けたら、それでもう使えるようになりました。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093928j:plain

 

 

手で切れるようになっているので、ケースから出して端末にあわせて自分で切ればOKです。

4Gで速度も問題なく出ました。

 

 

SIMも買ってみましたが、auの世界データ定額も試してみました。

 

 

普通に使うと24時間で980円掛かるのですが、両親に無理やりauスター会員にさせられたので(笑)、その場合は毎月1回まで24時間分の料金が無料になります。

SIMを探して設定する手間暇を考えれば、1日2日くらいなら設定も簡単ですし、こちらの方が良いかもしれません。

 

 

それでもまだ時間があるので、空港内をウロウロします。

買うものもありませんが、免税店を冷やかしてみたり。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093930j:plain

 

 

香港旅行と言っているのに、マカオに行くのもいいよなあとか思ったり。

以前来たときは、香港経由で中山に行きましたね。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093929j:plain

 

 

しばらくフラフラした後は、眠すぎてベンチで寝ていました。

朝から中国人夫婦の喧嘩でまったく寝られませんでしたが(笑)

 

 

いざ、入国審査へ

既にイミグレの列もそこそこ並んでいましたので、7時くらいから列に並び始めます。

まあ香港での滞在先なんていうのは無いわけで、「day trip」と書いておきました。笑笑

並んでいる途中、女性のスタッフが自分に向かって何か言っていたのですが(広東語)、まっっったく理解できないので、とりあえずニコニコしておきました(笑)

 

 

そういえば、到着した時は作業中だったのが、無事完成していましたね。

撮影スポットになっていました。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093931j:plain

 

 

一番謎だったのが、トラベレックスが普通に営業していたということ(笑)

店員に騙されたのか、英語の聞き取りができなかったのかは分かりませんが、とりあえず開いていました。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093932j:plain

 

 

結局e道の申請はできなかった

まあ気を取り直して、無事入国審査も済ませ、制限エリアを出ます。

そう、出てしまったんです。笑

 

 

e道の申請をするために制限エリアの中でウロウロしていたのに、自動ドア1枚くぐったために、その時間が無駄になりました(無駄?)。

バゲージクレームのところをひたすらウロウロしましたが、既に時遅し。

皆さんも気をつけて下さい・・・。

(こんなアホなことをするのは私だけだと思いますw)

 

 

 入国審査を終えたら、自動ドアはくぐってはいけません。

e道の申請は次回に持ち越しとなりました(笑)

 

 

そうなるともうバゲージクレームに用事はないので、さっさと到着ロビーへ出ます。

まだ8時にもなっていないというのに、すごい人の数。

さすがアジアを代表する空港なだけはあります。

 

 

空港探索もしてみたかったですが、とりあえず市内に出ることに。

その前にオクトパスカード(日本でいうところのSuicaのようなもの)を購入します。

 

 

カウンターに行って、「オクトパスカード プリーズ」でOK。

スタッフが「またか・・・」みたいな顔で対応してくれます(笑)

 

 

f:id:pentahiko:20161230093933j:plain

 

 

改札が無く戸惑う

空港から市内までは、エアポートエクスプレスを利用しました。

すぐ着きますし、乗るのも難しくはないので良いなあと。

 

 

ただ、空港から乗る時に改札がないんです。

到着ロビーに出る→看板目指して歩く→電車に乗れちゃう、みたいな感じです。

ホントに乗っていいの?という感じでしたが、周りの人も普通に乗っているので、それにならいます。

 

 

次の電車は◯分後ですよーという掲示板。

これは便利ですね。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093934j:plain

 

 

どこの航空会社の方かは分かりませんが、そのうしろで電車を待ちます。

香港はよく来られているんでしょうね。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093935j:plain

 

 

しばらくすると、電車がやってきます。

朝だからか分かりませんが、結構ガラガラ。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093936j:plain

 

 

f:id:pentahiko:20161230093937j:plain

 

 

車窓から。

中国っぽい感じがします。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093938j:plain

 

 

香港駅でインタウンチェックインを試してみる

しばらくすると、香港駅に到着します。

降りるときにオクトパスカードSuicaの要領でタッチすれば良いわけですね。

MTRに乗る場合は、乗降どちらも改札があります。)

 

 

f:id:pentahiko:20161230093939j:plain

 

 

では問題のインタウンチェックインへ。

ラウンジスタッフの方の言葉を信じます!

 

 

f:id:pentahiko:20161230093944j:plain

 

 

まずはここでチケットをかざします。

この段階で、帰りのエアポートエクスプレスの運賃が引き落とされます。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093945j:plain

 

 

この改札を抜けたら、利用する航空会社の表示を目指して進みます。

今回はANA利用なので2番のカウンターへ。

 

 

f:id:pentahiko:20161230093940j:plain

 

 

f:id:pentahiko:20161230093941j:plain

 

 

ここからは特に難しいことはありませんでした。

パスポートとプラチナのステイタスカードを出して、荷物を預けて終わり。

戻りの便も非常口座席でしたので、搭乗券とあわせて注意書きも渡されます。

 

 

ちなみに、受付の兄ちゃんは多少日本語が話せましたね。

搭乗券をもらうときに「まだ搭乗口決まってないから・・・」と日本語で教えてくれました。

 

 

荷物も預けて身軽になったところで、ここから香港観光が始まります。

続きはまた次回ということで。

 

© 2012–2016 - 広く浅く、ゆるーく。